FC2ブログ

記事一覧

LOKという名の夢

こんにちは!

シゲオです。
久しぶりの更新です。


今日は、タイトルの通り、私がもう6年以上は続けている
ソーシャルゲーム「ロードオブナイツ(LOK)」のお話。


いやね、サービス終了だってよ!!


びっくりしたw

まぁ、ここ1年くらいで、ユーザー減少の著しさと、
運営の経営方針ユーザーの望む方針著しく乖離してたから、
終わる終わると言われていたのに、辛抱強く続いてたんですがねぇ・・。

まさか本当に終わるとは。


終焉となれば、懐古の念もわいてくるわけで。
引退したユーザーたちも一時的に帰ってくる様子。
最後はとても盛り上がりそうなのですが。



さておき。


やはりゲームの運用というのは難しいところがありますよね。
だって、ゲームって飽きちゃうじゃない?

あの、モンハンのヘビーユーザーですら、「飽きる」と言い切っちゃうくらいですから。
アプリのゲームで同一UIのソシャゲが7年?8年?も続けてこられているほうが結構奇跡なのかなと。

ただ、いわゆる、カードのレアリティの上昇と、スキルのレベル上限解放で集金していく。
カードゲームあるあるのこの手の手法の限界をみたな、という感じです。
新しいカードだしゃ買うだろ、新しいスキルだしゃ買うだろ、みたいな、
そんなやり方をユーザーは求めていないわけで。

最近、ふとやり始めたのが、KOMANIの「パワプロ」のアプリですが。
昔懐かしの方式をスマホでしっかり再現しながら、何をもって進化させているかわかりませんが、
既に5年目を迎えていて。
内容は子供のころにハマったまんまなんですよね。
(だいじょーぶ博士のだいじょーぶじゃない加減とかほんとww)
もちろん、飽きるのも事実としてありますが、こういうのがゲームの醍醐味なのかなって。

ふとした時にまたプレイする

ソシャゲって、ゲームより、人とのつながりが面白くてね。

ゲーム自体がさほど面白くなくても、わいわい雑談しながらやいのやいのみんなでやってる感じ。
これが魅力のあるコンテンツなんですよね、きっと。
だから、ゲーム自体が消失すると、そのコミュニティも自然と消失していく、という。
「卒業」なんていう言葉が一番しっくりくるのかもしれませんが、
もう二度と戻らない世界というのが少し違うところ。
仮に「同窓会」を開いたとしても、同じゲームは出来ないんです。

そして、このコミュニティの価格価値はすごい高いと思うの。
これをなんで企業は生かさないのかなって。

純粋なゲーム好きって、いまだにPS4とかWiiとかの据え置き型のゲームがいいって言いますし。
PUBGなんかがいい例ですよね。
スマホより、絶対PCのがいいです、という人がほんとに多い。


じゃあ、ずっと残るゲームアプリってどんなものを作ればいいんでしょうね?
また、作ったアプリで集客した顧客ってどうやって生かしていくのでしょう?

きっと、これからのソーシャルゲームは下火になっていき、
データサーバ代をユーザー(課金)から回収するような手法は続かないでしょう。

企業の皆さんは、目の前のキャピタルゲインを追い求めないといけないかもしれませんが、
せっかく作ったインカムゲイン(コアユーザー・ファンユーザー)をどう生かすか、
を常々考えられたほうが良いと思いますよ。

Amingから大量の金持ちユーザーが流出します!



では。 ノシ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 ゲームブログ ソーシャルゲームへ
にほんブログ村 スロットブログへ